トップページ > プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

プラセンタ注射やドリンクは、即効性がありますが、
副作用の心配を同時にする人もいるようです。

 

長年愛飲して慣れている人は別として、副作用が気になる人は、不安に思うことでしょう。
しかし、プラセンタそのものが、哺乳類の胎盤からの抽出エキスであるために、
アレルギーや違和感が少ないと言われています。

 

しかし、プラセンタを筋肉注射することで、腕に違和感を感じるなどといったことがあるようです。

 

プラセンタは、数千年もの長い歴史をもつ、有効成分なので、
すでに安定したものとして確立されています。
それだけに、副作用の問題も少ないのが現状でしょう。

 

ただ、まったく副作用がないということではありません。
動物性プラセンタの場合はとくに、動物性ホルモンにより、アレルギーになることもあります。

 

症状としては、発疹、かぶれなどが中心になりますが、気がつけばすぐに
専門医に診てもらうのがいいと思います。

 

さらに、間がえられる副作用は、
女性の生理中の出血が多くなったり、便がゆるくなったりするようです。

 

プラセンタは期待度や効果が高いだけに、副作用があることも忘れてはいけません。
しかし、副作用もさほど心配する必要がないのが特徴です。

 

ペニス増大サプリ
シトルリンXLより良く効くペニス増大サプリはありますか?