トップページ > プラセンタと自律神経失調症

プラセンタと自律神経失調症

プラセンタと自律神経失調症

自律神経失調症は、閉経前後の女性によく見られる症状です。
急に汗をかいてみたり、体がポカポカしたり、急に体中の熱が高くなります。

 

めまいや動機のほか、首から顔にかけて熱くなるなどの症状が見られます。
これらの症状は、自律神経のアンバランスからくるものと思われます。

 

エストロゲンは、女性ホルモンのなかに含まれていますが、このエストロゲンの減少に伴い、
女性ホルモンが調整されるのが鈍化してしまうのです。

 

女性ホルモンのバランスが保たれている間は、自律神経が安定しているので問題ありませんが、
自律神経を乱れないようにするためにも、プラセンタを体内に入れるのがいいでしょう。

 

プラセンタは、とくに更年期障害の人にはうれしい、ホルモンバランスを整える作用をします。
更年期障害になると、倦怠感があり、何をするにも気力が出ない症状もあるようです。

 

しかし、プラセンタをドリンクやサプリメント、あるいは、プラセンタ注射で体内に
入れることで、自律神経が正常になり安定を保つことができます。

 

このような効果が期待できるだけに、
自律神経失調症で悩んでいる人は、プラセンタでの治療もいいのではと思います。

 

グルコサミンサプリ
グルコサミンサプリの人気ランキング!