トップページ > プラセンタとコレステロール

プラセンタとコレステロール

プラセンタとコレステロール

プラセンタには、コレステロールを抑制する働きがあります。
そのため、動脈硬化も改善してくれるので、メタボの人にもお勧めです。

 

動脈硬化は、欧米化した油っぽい食事や、偏った食事などでなると言われています。
また、運動不足や過度のストレスでも動脈硬化を発生させます。

 

こうした生活習慣の乱れは、血流にも悪影響を及ぼします。
さらには、血流があまりに滞った場合、脳梗塞や心筋梗塞になってしまいかねません。

 

生活習慣病は、名前こそやんわりしたイメージがありますが、
糖尿病や高血圧、そして動脈硬化などになると、直すのにもきっと一苦労です。

 

生活習慣病を予防するためにも、プラセンタで改善するのも一案です。

 

病気の原因となる活性酸素が、内臓を錆びつかせたり、悪玉コレステロールにより、
血流が血管内で固まることで、動脈硬化になる場合もあります。

 

プラセンタには、ホルモンバランスの分泌を正常化にすることができるので、
悪玉コレステロールを予防できると言われています。

 

悪玉コレステロールが少なくなることで、動脈硬化も防げるので、
プラセンタを体内に入れることで、病気を撃退することも期待できるのです。

 

サプリメント
サプリメントで核酸を補う