トップページ > プラセンタと冷え性

プラセンタと冷え性

プラセンタと冷え性

ストレスと冷え性は、一見関係ないようですが、
じつは、自律神経とつながりがあります。

 

人の体温は、自律神経によって温度調節が行われていますが、
ストレスを受けることで、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経の乱れは、ホルモンのバランスにも悪い影響を与えてしまいかねないので、
プラセンタといった、ホルモン調整できる成分を取るのがお勧めです。
自律神経の乱れを防止するには、血行不良も大きな原因です。

 

プラセンタは、自律神経調節作用が加わっていることから、
冷え性にも効くと言われています。

 

プラセンタには、基礎代謝アップする作用もあるうえ、
プラセンタの成分のなかには、酵素も含まれています。

 

酵素は、食べた食物を分解したあと、消化、吸収するなど大切な働きをしています。
こうした内臓が正常に働くことで新陳代謝があがり、冷え性が改善されると言われています。

 

プラセンタを飲むことで、冷えを解消できますが、
それと併用して半身浴やウォーキング、水泳、ストレッチといった有酸素運動を行うことで血行を促進します。

 

プラセンタと軽い運動の効果で、いっそう冷え性を改善できることに、きっと違いないでしょう。

 

プロアクティブ
プロアクティブ