トップページ > 馬プラセンタ

馬プラセンタ

馬プラセンタ

馬プラセンタは、動物性プラセンタのなかで、豚由来プラセンタの次に
用いられています。
馬プラセンタは、豚由来のプラセンタと比較しても、アミノ酸の量が多いのが特徴です。

 

豚が一度に何匹も産むのにくらべて、馬は一頭しか生みません。
そのため、馬の胎盤が厚く代表的栄養素であるアミノ酸の栄養価が高いのも特徴です。

 

多産である豚に比べると、馬プラセンタのほうが貴重であると言えるかも知れません。

 

さらに、馬プラセンタのなかでも、サラブレットに特化したプラセンタもあります。
国産サラブレットは、一年に一度の出産でしかも、たったの一頭しか生まれないので、
サラブレットプラセンタは、たいへん効果で貴重です。

 

サラブレットは、血統が人間により管理されているので、
品質も確かで、病気の心配も入りません。

 

また、獣医師が付き添うことで、馬の出産への管理も確保されています。

 

馬プラセンタを胎盤からエキスとして抽出したら、
今度は、低分子かするために加工されますが、この工程により、
さらに、馬プラセンタの吸収力をアップさせたり、
血行促進を促したりします。

 

馬プラセンタは、こうして考えると、豚プラセンタよりも手間と時間をかけて
つくられたものだと分かります。

 

肝機能回復サプリメント
肝機能回復サプリメントから摂取できる成分