トップページ > プラセンタと更年期障害

プラセンタと更年期障害

プラセンタと更年期障害

プラセンタは、女性特有の更年期障害の症状も改善することができます。
中高年以上になると、次第に閉経の時期へと近づいてきます。

 

更年期障害とは、閉経をはだんだ前後5年ほどの期間をいいます。

 

むかしは、閉経といえば50代以上の人を対象に考えられていましたが、
現在では、30代で閉経する人もめずらしくありません。

 

30代での閉経は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少によるものが
大きいと言われています。

 

プラセンタは、女性ホルモンのバランスを整える働きをするので、
更年期障害の人にもいいとされています。

 

更年期障害の症状としては、頭痛、めまい、冷や汗、吐き気、倦怠感、イライラ、うつ病などがあります。
更年期障害は、個人差もありますが、比較的長い期間を要します。

 

それだけに、更年期障害かな?!と思ったら、なにか改善策を立てるといいでしょう。
もしも、更年期障害で悩んでいるのであれば、プラセンタを使用するのもお勧めです。

 

 

プラセンタには若返りの効果、効能があるため、更年期障害を改善しながら、
アンチエイジング効果も期待できるので、プラセンタを利用するのも悪くないと思います。

 

発毛シャンプー
発毛シャンプーと育毛剤との関係